再エネ100%とは?再エネ電力は5つに分類される

投稿者: | 2022年7月25日

再生可能エネルギーのことを再エネと略しますが、再エネには温室効果ガス削減につながるとして、近年注目されています。ここでは、再エネ100%とはどういったものなのか、再エネ電力の種類について解説をしていきます。

再エネ100%とは?

再エネ100%とは、再生可能エネルギーの構成比率が100%のエネルギーのこといいます。具体的には、化石燃料以外のエネルギーである、水力や風力、太陽光、太陽熱、バイオマス、地熱などのエネルギーのことで、永続的に利用することができるものになります。

再エネ電力は5つに分類される

再エネ電力は主に5つに分類することができます・

・水力発電
・風力発電
・太陽光発電・太陽熱発電
・バイオマス発電
・地熱発電

これらの発電方法は、すべて自然に存在する力を借りて発電をおこなう方法です。特に太陽光発電は、馴染みがある方も多いのではないでしょうか。自宅の屋根に太陽光パネルを設置することで、家庭で使う電力を発電し、電力を活用することが可能で、多くの家庭で取り入れられています。

まとめ

再エネは温室効果ガスを発生させないことから、地球温暖化の防止にも寄与するため、近年注目を集めています。また技術の進歩もめざましく、発電コストも年々下がりつつあります。今後地球環境を保全していく上で、再エネの導入・拡大が不可欠となっていくといえるでしょう。