カーボンニュートラルの実現が電気エネルギーの節約につながる

投稿者: | 2022年7月30日

地球温暖化が叫ばれて久しいですが、社会全体として取り組みを進めているものとして、温室効果ガスをゼロにしていく「カーボンニュートラル」の実現があります。ここでは、カーボンニュートラルの実現により、電気ネルギーの節約につながる理由について解説をしていきます。

カーボンニュートラルの取り組みが電気エネルギーの節約に

カーボンニュートラルを取り組む上で、環境省が提言しているのがゼロカーボンアクション30というものになります。
ゼロカーボンアクション30には、日常生活で取り組むべき30個のアクションが提示されています。
その中でも、電気エネルギーなどの節約と転換というテーマで、再エネ電気への切り替えや、クールビズ・ウォームビズ、節電など7つの項目があります。

脱・炭素社会を目指していく上では、普段の生活の中で意識をしなければなりません。家庭でも、エアコンの温度調整や、使っていない部屋の電気はこまめに消すなど、小さなことから始めることも可能です。光熱費が下がることによって、生活費のコスト減にもつながるため、メリットは大きいです。

まとめ

カーボンニュートラルについて理解できましたでしょうか。脱・炭素社会を目指していくためには、一人ひとりの生活の見直しが必要です。小さなことからでも、はじめてみてはいかがでしょうか。