バイオマス発電とは?地球環境に配慮した発電方法

投稿者: | 2022年8月20日

近年、「SDGs」という言葉をよく耳にするようになりました。自然環境を守るために、何か自分でできることはないだろうかと、考えている人も多いでしょう。SDGsに関連して、バイオマス発電という発電方法があるのをご存知でしょうか?ここでは、バイオマス発電とはどういったものなのかについて焦点を当て、解説していきます。

バイオマス発電とは?

そもそも「バイオマス」の意味についてですが、バイオマスとは、動植物などの生物が生み出す有機性のエネルギー資源のことをいいます。このエネルギー源を燃やしたり、ガスにして燃やしたりすることで発電をおこなう方法を「バイオマス発電」とよびます。バイオマス燃料を燃やすことで、タービンが回転して発電機が稼働し、発電がおこなわれます。

バイオマス発電には主に3種類に分類されます。
・直接燃焼方式
・熱分解ガス化方式
・生物化学的ガス化方式

これらは、燃やす燃料と燃焼方法がそれぞれで異なります。

まとめ

バイオマス発電という言葉は聞いたことがあるけれど、具体的な中身についてあまり知らなかったという方も多かったかもしれません。バイオマス発電を行うことで、地球環境に配慮し、CO2を排出せずにエネルギーを作り出すことが可能となるのです。