災害に強い車の特徴とは?

投稿者: | 2022年8月24日

地震などの自然災害は、いつ起こるかわかりません。大規模な災害が起きた際には、生活するうえで必要なインフラが断たれるケースがあり、停電もその一つです。停電時に活躍する車があるのをご存知でしょうか。
ここでは、災害時の停電が起きた際に困らない車について解説をしていきます。

災害時の停電が起きた際に困らない車とは?

災害が起きた際、起こり得るのが停電です。電気というインフラが途絶えてしまうため、生活に支障をきたしてしまいます。

そのようななか、役立つ車がプラグインハイブリッドカー(PHEV)です。プラグインハイブリッドは震災直後に強いといわれており、充電による電気でもガソリンでも走行できる点が、災害時に非常に役立ちます。

東日本大震災が起きた際、電力の回復が早かった地域と、ガソリンスタンドが共有を始めるのが早かった地域がまちまちでした。いずれも災害が起きてからすぐには復旧できないケースが多いため、災害が起きた際はプラグインハイブリッドカーの強みが発揮できます。

また昨今では、災害に強い車としてポータブル電源とソーラーパネルを搭載した、自家発電が可能な車両も販売されています。車を買い替える際には、いざという時に備え災害時にも活躍できる車も視野に入れておくと良いかもしれません。

まとめ

大規模な自然災害は、人が生活する上で必要なインフラが絶たれ、長期間にわたり不自由な生活が強いられてしまいます。そのような場合には、プラグインハイブリッドカーがあれば、スマートフォンの充電なども可能で、ガソリンスタンドが機能していない場合でも、電気の力で走行することが可能です。