エコカーの種類について

投稿者: | 2022年9月8日

近年、エコカーという言葉をよく耳にします。まずは、エコカーの定義から理解します。

エコカーとは

エコカーとは、二酸化炭素や窒素酸化物の排出が少ない自動車のことです。環境に優しく燃費が良いことが特徴です。

エコカーの種類

エコカーには、さまざまな種類があります。主に次のものが挙げられます。

電気自動車

電力をエネルギー源とする自動車です。ガソリンを使用しないため、二酸化炭素を一切排出しません。EVとも呼ばれます。

燃料電池自動車

水素を元に発生した電力でモーターを動かして走行する自動車です。排気ガスを出さず、水蒸気のみを排出します。FCVとも呼ばれます。

ハイブリッドカー

エンジンとモーターの両方を動力とする自動車です。エンジンはガソリンで動き、モーターは電気で動きます。低速時はモーターで走行し、高速時はエンジンで走行するのが一般的です。HVとも呼ばれます。

プラグインハイブリッドカー

ハイブリッドカーに、コンセントから充電できる機能を付け加えた自動車です。電力のみでの長距離走行が可能です。PHVとも呼ばれます。

クリーンディーゼル自動車

軽油をエネルギー源とする自動車です。軽油は、燃費が良くガソリンよりも安価です。二酸化炭素の排出も抑えられます。CDVとも呼ばれます。

まとめ

エコカーにもそれぞれ特徴があるため、幅広い視野を持って検討するのが良いといえます。