石炭火力発電について

投稿者: | 2022年10月8日

世界では二酸化炭素の排出量を減らし、地球温暖化の解決を図ることが求められています。しかしそのなかでも日本は、石炭火力発電の利用を止めていません。その理由には、以下のことが挙げられます。

供給が安定している

石油などに比べて採掘できる年数が長いことや採掘できる地域が分散されていることから、供給が安定しているといえます。

コストが少ない

低価格かつ価格変動が少ないため、コストを抑えた安定供給が可能です。さらに、液化天然ガスを使った火力発電よりも低燃費で発電できます。

負荷を減らす工夫

いろいろなメリットがあるために利用していますが、環境に与える影響が大きいことも事実です。石炭火力発電をおこなうと、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出してしまいます。しかし最近では、環境にかける負荷を減らす工夫がなされています。

クリーンコール

その工夫の一つが、クリーンコールと呼ばれる技術です。これを用いて、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を減らしています。さらに、大気汚染物質の削減もおこなっています。

まとめ

エネルギー源は、供給面や環境面などの考慮すべき側面が多くあります。しかし、全ての面で完璧なエネルギー源はありません。そのため、バランスを取りながらさまざまなエネルギー源を組み合わせることが重要です。デメリットがありながらも多くのメリットを持つ石炭火力発電も、よりよい工夫をおこないながら他のエネルギーと組み合わせることが必要です。